お一人さま系音楽ユニット「carimelo club」で作曲・トロンボーン・DTM、そして内臓脂肪と戯れています

CARIMELO CLUB

トロンボーン練習日記

投稿日:

といいますか、明日はトロンボーンのレッスン。前回のレッスンで感動的な話を聞いて「よし、頑張ろう」と思ったんだけど、2日ほどいろいろ用事があって練習できず。夜遅くなると眠さと寒さでやる気が起きず。。。これでも学生のときは・・・なんて古い話を持ち出すあたり、相当ヤバいことは自分でもよくわかってるつもり。
なので焦って練習している、この2日間は。前回からの課題曲みたいなのは、ポジショニングとかスライドワークみたいなのが命なところがある。結構テンポの速い、音符の細かい、いわゆる「譜面が黒い」というやつ。
こういうのはすごく得意だったんだけど、久しぶりだとなんだかとってもスライドワークが遅く感じる。かといって慌てると、ものすごくぎこちなくなってしまう。当然そのバタバタ感は演奏にも反映される。
スライドワークは美しく見えなければならない。。。これが持論なんだけど、美しさはいったいどこへ行かれてしまったのか。もしかして崩御されてしまわれたのか!?
いや、そんなことはない。。。はずだ。美しさはきっと私の心の中にあるんだよ!!!ってそーいう問題じゃないよね、これは。まずは意識しながら練習。だんだん音の粒がそろってくる。するといつの間にか、アンブシュアまで落ち着きを取り戻している。
やっぱり調子が悪いときってのは、スライドを素早く動かし続けるとアンブシュアもだんだん影響を受けて、マウスピースとの接点がずれてしまう気がする。スライドワークが滑らかに美しくできるときは、アンブシュアも落ち着いてるし息の流れも落ち着いている。つまり三位一体というわけですね。
さて、またあしたがんばろ。

-トロンボーン練習日記

Copyright© CARIMELO CLUB , 2017 AllRights Reserved.