お一人さま系音楽ユニット「carimelo club」で作曲・トロンボーン・DTM、そして内臓脂肪と戯れています

CARIMELO CLUB

トロンボーンのレッスン

投稿日:

レッスンというタイトルだけども、どんなことを教えてもらったとか書くつもりはまったくない。というのも、自分が教えてもらったことってのは、他人が真似するとまったく逆効果になってしまうことが多いと思うから。
実際、自分の理想の音色を勝手に追い求めて努力したつもりが、その後のメチャクチャな状態のきっかけになってしまってるし。で、直そうと思い立ってから3年かかってやっと。。。。みたいな。だからなにかアドバイスするとすれば「いちど信頼できる先生のレッスンについてみよう。そのときに、どんな目的で、どんなことを中心に教えてもらいたいかを、しっかり伝えよう」ということ。
自分の場合、吹けば吹くほど音色が悪くなっているような気がして、自信も何もあったもんじゃなくなってしまったので、この際ゼロからアンブシュアを作り直したいということと、理想としてるプレイヤーを伝えてみた。すこし狙ってたんだけど、フランスで勉強してきた先生をお願いしたんだけどね。大好きな演奏家がミシェル・ベッケというフランスの人なので。どうも先生、ベッケのレッスンも少し受けたことがあるらしい。すごいな。
ちなみに、今日のレッスンはちょっとくやしかった。前回できたのがサボったおかげで吹けなかった。ちょっとアドバイスうけて、しばらく練習してたら前よりもできるようになった。進歩はあったけど、なんで最初からできないかな〜みたいな。まあ最後はよしということで、ほっと一息。

-トロンボーン練習日記

Copyright© CARIMELO CLUB , 2017 AllRights Reserved.