お一人さま系音楽ユニット「carimelo club」で作曲・トロンボーン・DTM、そして内臓脂肪と戯れています

CARIMELO CLUB

奈良ってすごいな!伝承のお寺で伝説の茶粥を食べてみた!!

投稿日:

さてさて、奈良旅行出張のせいで筋肉痛になった両足もようやく回復したので、そろそろ「奈良ってすごいな!」シリーズを3回くらい連載してみたいと思います!!まず最初はこちら!

奈良

これはあの有名な「塔の茶屋」です!まだインターネットというものが日本にない時代、思念波だけが頼りだった時代に一度だけ行ってみたことがあります。仕事が終わり、一目散に3キロの道のりを歩き、鹿たちを横目で見ながら興福寺の五重塔をすり抜けて、ようやくたどり着くことができたのです!!もう感激の再会といったところでしょうか!!

奈良

いきなりフラれました・・・・撃沈です。だってホームページには19時までって書いてあったから。。。どうも片想いだったようです。というわけで、気を取り直して翌日再アタックを開始!!今度は昼に仕事終了なので、そこから大急ぎで再び3キロの道のりを歩いたんだ。そしたら・・・

奈良

おぉぉぉぉ!!どうもやっているっぽいではないですか!?なになに、茶がゆ懐石3000円から?こ、こういう場合は迷わず「茶がゆ弁当」を選択すべし!と、親鸞上人もおっしゃっております!!!(嘘です)メニュー板を通り過ぎて、怪しげな香りのする小径を抜けると、そこは桃源郷古風というかボロいというか、やたら歴史を感じさせる掘建小屋と、やたら歴史を感じさせるメイドさんがいらっしゃった。

奈良

しかしながらメイドさんたちは自信と風格と歴史に満ち溢れているため、何組かのお客さんは案内途中で帰ってしまっていた。根性が足りないんじゃぁ!!!!!そんなことでは恋人の一人もゲット出来んゼオ!!!。。。

さ、さて、天気も気持ちよかったため、外のテラス(100年前の趣の)で食べることにし、待つこと10分ほどでようやく伝説の茶がゆとご対面となったのだ!

奈良

どうでしょ!?緑色の茶がゆですよ!!家で食べた「お番茶のお茶漬け」とは品格も風格も歴史も違いすぎますよ!なんといっても奈良時代ですからね!それとおかずの面々もそれ相応のボリュームがあり、味付けはあっさりだけどかなりのボリュームがあるんだ。

味は。。。見事に味付けがない!!!お米とお茶の味が絶妙にブレンドされ、そこに小宇宙を投影しているようだ。ときどき飛び込んでくる小惑星がすばらしいスパイスを効かせながらもやんわりと溶け込んでいく有様は、まるで淡い恋心を再現してくれているようで、その、、あの、(以下省略)

ごちそうさまでしたぁ〜!ということで完食するとお腹の中で小宇宙が膨張しビッグバン状態となり、かなりの満足感に溢れておりました。まあいかんせん水分が多いため、満腹感はそんなに長持ちしないんですけどね。食べたあといつまでも幸福感が続くのは、興福寺の側だからというわけでもなさそうです。

皆さんも、、、日頃食べすぎで飽食にヘキヘキしていて雑念と身から出たホコリでがんじがらめになっちゃってる「あなた」は、一度食して体の中から身を清めてみたら如何でしょうか!?

わ、わたしですか??もちろん「清める必要がないほど清まってますよ〜だ!!」(大嘘)

以下おまけ

そういえばここ、高校の修学旅行で来たたことあったかな?「天平ホテル」あのころはまだウブだった。ような気がする(賛同者 激しく募集中!)。

奈良

-行ってみた!
-, ,

Copyright© CARIMELO CLUB , 2017 AllRights Reserved.