お一人さま系音楽ユニット「carimelo club」で作曲・トロンボーン・DTM、そして内臓脂肪と戯れています

CARIMELO CLUB

Retina (4K)というのは目に優しいんだなあと実感する年頃になった

投稿日:

おっはようございます!もうクリスマスも過ぎて立ち向かう相手は「大晦日」と「お正月」そして最大の難関「実家詣」となりました。特に実家詣はその・・・・・・(秘密)

さてさて、最近どうも目が疲れたり耳鳴りがしたりめまいがしたり、まあ風邪ひいてたりして体調も悪かったんですがいろいろありまして。そして特に「目」の疲れが深刻なんだろうなという結論になりました。

もともと左右の視力の差が大きくて、メガネも「両目で約80センチのところがしっかり見えるようにして!」とかわけのわからないオーダーのしかたをしてました。ついでに最近はこのブログを書いたりとか、PCとか眺めたりすることが多くなって、よけいに拍車がかかったような印象です。

imac-2012-vs-imac-2011

ということで本題!!

今話題の「Retinaディスプレイ」あるいは「4Kディスプレイ」というのは目に優しいんだろうか?ということを調べてみましたよ!!

で、早速こんな記事がヒットしました!!これが自分にとっても一番都合がいい記事だったんで、即採用!!

MacBook Pro Retina に買い替えて分かった Retina がもたらす3つの恩恵

Retinaって網膜って意味だったんですね!網膜って目の奥にあって、ここで光を感知するという大事な場所なんですね。つまりおいらのRetinaは劣化していたわけで、ありもしないものが見えたり、世の中きれいなお姉さんばっかりだったり、やたら目が疲れてみたり。。。トバログさんも苦労してたんですね〜いろいろと。

さ、下調べもたくさんしたので、名古屋駅のビッグカメラにその真相を体感しに行ってきました!レティナと非レティナが両方置いてないと意味ないので、なるべく大きそうな売り場を狙ってみた・・・その結果、あまりの違いにレティナに撃沈された自分がそこにたたずんでいたのです!!実際に写真撮るのも恥ずかしかったんで、ネットで拾った衝撃の一枚をご覧ください。

office-2012-retina-560x396

「before」が非レティナ、「after」が我らの仲間であるレティナです。この比較はレティナでご覧になるとさらに一目瞭然となるのですが、この記事見てる人は絶対レティナじゃないことは明白ですので、はたしてどんだけ意味があるのかちょっとあれですが。。。

非レティナだと「もしかしておいらの目が潤んでるんじゃないだろうか?」とちょっと目をしかめてディスプレイに顔を近づけて凝視してしまうんですよね。でも実際には目がウルウルしてるわけではなくって、もともとの文字がウルウルしてるってことだったんです。

これが画面全体に広がっていると考えると、とくに広大なディスプレイを持っている人にとっては「死活問題」ですよっ!!!さあさあ、さっそくAmazonに突撃準備してくださいよ!!!

今回は健康問題に鋭く切り込んでみました????が、いかがでしたでしょうか?もうちょっとまともな投稿しろよ・・・とか言わないでね (^^)

では次回もお楽しみに!

-日常
-, , ,

Copyright© CARIMELO CLUB , 2017 AllRights Reserved.