お一人さま系音楽ユニット「carimelo club」で作曲・トロンボーン・DTM、そして内臓脂肪と戯れています

CARIMELO CLUB

トロンボーンの近況 イップスらしきものを乗り越えて

投稿日:2016年8月15日 更新日:

相変わらずトロンボーンの個人練習を続けている。合奏してないのは、合奏できるような状態ではなかったから。実は「40代に訪れる謎の音揺れ」というヤツに取り憑かれていたから。

今までいくつかの強敵に出会ってはきたけれども、こいつは手強い相手だ😇何度トロンボーンやめようかと思ったことか。。。たまに数週間楽器に触らなかった時なんて、逆に清々しいというか、精神状態が安定してしまい、全然自分らしくないなぁと気づいてしまうほど、徹底的にやり込められていた。
だけどメデタいことに、ようやくこの難敵を退治することが出来たような気がする。ものすごく緊張する場面だと、まだ時折顔をのぞかせることもあるに違いないだろうけど、修正方法もほぼ完全に把握出来た気がしている。

e110508何しろ、それまでと比べて格段に顔の筋肉が楽になった。動きがスムーズになった。スライディングとかタンギングとか、肩凝りまで含めて、それまでの悪循環から解放されてしまった。
あとはこの流れを習慣化して、体の感覚で覚えてしまうこと。それから長らく気を使う余裕がなかった音質や音程感、感情を演奏に反映させれるようにしたりとか、その先にあるものを追求していきたいなと思っている。

その流れでいろいろアンサンブルにも参加できたらいいな。。。っていきなり欲張りすぎかな?
そうそう、もう15年くらい戦ってきた原因というのは、演奏姿勢をカッコよく見せようとしすぎた見栄の問題と、カッコいい奏法を表面だけ真似しようとしてきたことだったりする。

あれだ。自戒の意味も含めて、これからも頑張って演奏しよう。周りの友達はもうすっかり重鎮化して指導者みたいになってたりするのに、随分置いてけぼりくらってしまったなぁ。残念な性格からか、指導しようなんて全然思ってないけれど、自然に周りを引っ張っていけるようなところまでいきたいなと思ってる😇

スゲ〜〜長文だ!!!
夏休みの作文、完成(*^◯^*)

-トロンボーン練習日記

Copyright© CARIMELO CLUB , 2017 AllRights Reserved.