聴いてみた!

el ma Riuさん「ルイと悪魔のノート」聴きました!

投稿日:

さてさて、今回は秋M3からいろいろお世話になってます、el ma Riuさんの「ルイと悪魔のノート」をゲットいたしました!

多重コーラスがメインとなっている民族系音楽ということですが、私もその昔、エンヤが大好きになりまして、一生懸命真似をしてそれっぽいのを作ろうとして挫折した、、、という輝かしき思い出があります。なので、とっても気になる作家さんなのです。

まず届いたCDなんですが、トータルコーディネートというんでしょうか?フライヤーとか、特典CDとか全部ひっくるめて、見事に「el ma Riu ワールド」が形成されております!

私はもうすでにクセになってしまってるんですが、あの独特なフレージングとか歌い回しがクセになっちゃいそうです!それと今作は日本語の歌詞がいっぱいです。「第三楽章~ケンタウル~」では未知の言語で想像力を掻き立てられましたが、今回は、ガツンと訴えかけてくるような感じです。「今の私、こうなんです!」みたいな。言葉って面白いですね。

だからでしょうか?このアルバムには「ルイと悪魔のノート」というタイトルの物語が付いてきました。いや付いてきたというより、こっちが原本でアルバムが後から・・・かなりのボリュームです。el ma Riuさん、これ書きながらずっと音でも表現したかったんだろうな。

そして重くなりすぎずに、しっかり聴かせてくれるサウンドも素敵です!こういうサウンド出すの、私にはまだちょっと修行が必要みたいです。。。あと3曲目の「モコとヘナ」、仕事前の車の中ででかい音で聴いてると、ちょっと恥ずかしい気になってしまいますけど(一応いい歳した男なんで)、こういうのもありなんですね!って、歌唱の幅広さに感心してしまいます!なんだか新しい一面を見てしまったような気がします。また真似したくなってきた(俺がやるとキモいだけだから)・・・

さてさてもう1枚。

「機巧仕掛塔 ラステアカノンのトルティーネ」こちらはel ma Riuさんの原点的作品ということで、ぜひ聴いてみたくてゲットしました。からくり時計に棲む妖精たちのお話。。。。

多重コーラスもなくて、オケも今よりもずっとスリムな感じですが、独特感のあるフレージングとか雰囲気とかすでに1stアルバムの頃から健在でして・・・「あー、今までずっとつながっているんだな」って気持ちになりました。今につながるものを垣間見ることができるって、ある意味すごいことだし、そんな場面に遭遇した自分ってとってもラッキーだなって思います。だからルーツ巡りって楽しいんですよね〜。

お腹いっぱいです。ごちそうさまでしたー!!

el ma Riuさんの作品はこちらからゲットできたりします!

-聴いてみた!
-, ,

Copyright© carimelo club , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.