オーケストラ風のサウンドトラックを中心に作曲しています

あらためてアパーチャーの開きすぎに注意!-トロンボーン練習日記

ひっさしぶりにトロンボーン練習日記をアップします。備忘録みたいな感じで。

実はカリメロは、長年トロンボーンプレーヤー(もちろんアマチュアですよ)をやってました。

今ではほとんど気晴らしに触ってる程度ですが、チャンスがあれば復帰したいなと、どこか入れてくれたらなぁと、妄想ばかりしています。年取ったせいか、他人の演奏聴くと「ここはそーじゃなくって・・・」とついつい思ってしまうようになりました。それも自分のことは差し置いて。

今日は、あらためて「マウスピースと唇の接点はなるべく動かさない」ということと、「その接点では、上下の唇をちゃんと閉じておく」ということを思い出しました。

特にきちんと閉じておかないと、いろんな問題が起こりそうで

  1. マウスピースの圧力をかけすぎるようになる
  2. フォルテよりも小さな音が揺れまくるようになる
  3. 小さな音の出だしを失敗する(音が出ない)
といったことが起こってきます。

厄介なのは「響きが豊かで柔らかい音」を出そうとするあまり、それとは正反対の結果になってしまうということ。

でもって、オイラのように「真面目な探求者」が陥りやすいワナだということ。。。

本当は・・・

豊かな音を出そうと思ったら、呼吸法とか、姿勢とか、理論的なリラックスの方が、よっぽど大切なんですね。

だから!!

そこそこみんなと一緒に(迷惑かけないように)楽しく吹いてるんだったら、、、

アンブシュアをいじらないっ!!!

ってことが大切かと思います。音揺れが出てくると、合奏どころではありませんから・・・

それではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です