Universal Audio の「Neve Preamp」使ってます

僕はDAWをつかって音楽を作ったりしています。最近は気に入っていただけた方から、BGMの依頼なんかを頂けるようになりました。ありがとうございます!!

さて・・・

先日、Universal Audioという会社の出している「Neve Preamp」というプラグインをゲットしましたので紹介です。

このプラグイン、Neveというメーカーの伝説的ミキサーの、入力部分だけを取り出したものです。

実機はこんな感じだそうですよ。見たことないですけど。

DAWだけではどうしても「平面的な」ミックスになってしまいがち。だからこういった種類のプラグインを使うことで、音に奥行きを付加していくんです。

ということで実際使ってみました

まず自分の作っているオーケストラっぽい曲のマスターに投入してみました。

設定は初期設定のまま、つまみは触らずに「Line」入力のままにしました。

よく聴くと何かが違うのは分かるんですけれど、言葉にするのに語彙力の壁が立ちはだかりました。ここは頑張りどころです!!

さて、ようやく紡ぎ出した語彙をリスト化してみます。あくまでデフォルトセッティングの場合です。

  • 音全体に奥行き感が出て、しっとりまとまったような気がする
  • 空気感が出てきたっぽい
  • 特に中音域から低域にかけて、響きがまとわりついたような気がする
  • うわついたミックスだったけど、腰を落ち着けたような安定感が出てきた

こんなところです。実際はさらに歪ませたりして、より積極的な音作りにも使われてます。僕の場合は、そこまでの使い方はほとんどしていませんが。

使い方

マイクとラインの切り替え。マイクにしたときの「いきなり巨大音量」には要注意です。

いわゆるゲイン。入ってくる音の大きさを決める。右に回していくと、音量が大きくなる、と同時に歪み(サチュレーション)が付加された音になってくる。

上が位相を逆にするスイッチ。なんとなく妙に音が合わなかったり聴こえにくい時に、救世主となることがある。下はローカット。低音強すぎてモコモコして分かりにくい時に使うと、スッキリした気分になれる。

アウトプット。最終の音量を決める。

要はゲインで音色を決めて、アウトプットで音量を調節して・・・こんな感じ。思いっきりパラメーター少ないです。こういうの、好き。

いろいろ書いてしまいましたが、僕の中ではとにかく「チャラいミックスが落ち着いた響きになって、奥行きが出てくる」ところがツボです。皆さんも「自分に都合のいい使い方」をぜひ探してみてください!

カリメロクラブのオリジナル曲はこちらでどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

作曲してます
愛知県一宮市で「君だけの情景を作ろう」をコンセプトに作曲活動しています。作曲などのご依頼を受け付けております。オーケストラ風の曲が得意で、ボイスドラマやYoutubeのBGM、プロモビデオのBGMなどを手掛けています。
アルバムは古事記シリーズを手掛けて、現在6作目を制作中。Webストアも始めましたのでよろしくお願いいたします。