悔しいけど、僕がProtoolsから離れられない、たった一つの理由

すごく大袈裟なタイトルにドキドキしてしまっています。

僕はDAWでの音楽制作にメインで長年Protoolsを使っています。無印のです、もちろん。

最近は、毎年のお布施(サブスクリプション)が値上がりしたりして、常日頃から乗り換えを狙っているんですが、なぜかProtoolsに戻ってしまうというジレンマに陥っています。

そこで理由を考えてみました。たくさん思いついたのですが、おそらくコレのせいで決断が鈍っているのでは?という機能を見つけました。

それは・・・

MIDIレーン表示機能。この機能自体はどのDAWでもあると思いますが。。。

でも上の写真のように、例えば「マルチパートでモジュレーション情報を各パート並べて表示」というのはないんじゃないかと。

この画像は作りかけのオーケストラ曲なんですが、バイオリン1、2とビオラで同じ旋律を演奏しているんですが、その3パートのニュアンスを揃えたいという時に、この機能がバクハツ的便利グッズになるんです。

まあこれは、僕がこういったタイプの曲を作っているからこその便利機能だと思ってはいます。

でもこれがないと、正直制作スピードがとても落ちてしまいます。

問題は、この機能のために毎年お布施をする価値が・・・・いや、こんなことをそもそも考えちゃいけないのかもしれない。

好き嫌いは、お金で決まるもんじゃないんだよっ!!

という理屈をつけて、美しく自己を正当化しておきますね!!

ついでなので、過去作を載せておきます。Spotifyですが。

カリメロクラブのオリジナル曲はこちらでどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

作曲してます
愛知県一宮市で「君だけの情景を作ろう」をコンセプトに作曲活動しています。作曲などのご依頼を受け付けております。オーケストラ風の曲が得意で、ボイスドラマやYoutubeのBGM、プロモビデオのBGMなどを手掛けています。
アルバムは古事記シリーズを手掛けて、現在6作目を制作中。Webストアも始めましたのでよろしくお願いいたします。