岐阜県美濃市の真木倉神社に行ってきました

僕は古事記の曲も作ってることもありますが、インスピレーションを求めて神社に出かけることがあります。

まあもともと神社とか古い遺跡とかが好きなだけかもしれませんが。。。

ということで久しぶりに神社行きました。岐阜県の真木倉神社というところです。

真木倉神社ってどこにある?

実はドライブしてて偶然見つけたっぽい感じなので、ここは備忘録という感じで載せておきます。

美濃市御手洗、板取川の右岸に鎮座されています。入り口はぼーっとしてると見過ごしてしまいそうな感じ。鳥居のまえに駐車場がありました。助かった・・・

祀られている神様とか由来とか

この神社の由来は結構古いらしくて、平安時代にはすでに由緒ある神社だったみたいです。

たぶん元々は神代から祠のようなものが存在していたのでは?と勝手に想像しています。

祀られている神様ですけど・・・

御手洗姫命(みたらいひめのみこと)

味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)

天稚彦命(あめのわかひこのみこと)

下照姫命(したてるひめのみこと)

大国主命(おおくにぬしのみこと)

須勢理毘売命(すせりびめのみこと)

沢山いらっしゃいます。。。

メインの神様は、御手洗姫命(みたらいひめのみこと)さんです。

すこし古事記をかじっているので、なるほどなーって思いました。

実は・・・

ワカヒコさんって、出雲を従えようと遣わされたんですが、なぜかオオクニヌシ 君の娘のシタテルヒメさんと結婚しちゃって、生まれた子供がミタライヒメさんというつながりですね。

タカヒコネさんもオオクニヌシ君の子供、シタテルヒメさんの兄です。

スセリさんは、オオクニヌシ君がひとめぼれした最強の奥さんで、あのスサノオ君の娘です。そりゃ強いはず。

ちなみに僕の参考資料はこちらです。曲作りもこれ読みながらやってます。もしよろしければ・・・

もうひとつ面白かったのが、ここにいらっしゃる神様、ワカヒコさん以外は国津神なんですね。まあワカヒコさんも、最終的には国津神さんの身内みたいになりましたけど。

高天原に住んでた神様が「天津神」

地上に住んでたのが「国津神」

ここから少し離れた木曽川系の長野県阿智のほうには、天津神さんの本拠地っぽい神社も多いので、このあたりが勢力の境界線という見方もできるのかな?

妄想ですけど。

神社の写真です

入り口はこんな感じ。ほっこり出来そうなこじんまりとした印象。

狛犬です。門番みたい。

本殿です。1600年代に建て直されたものらしいです。ほんとに細かいところまでちゃんと残ってます。

神様目線だと、こんな感じで見えるのかなぁ?

本殿脇の丘、絶対入ってはいけない雰囲気がすごい。ここ、古墳じゃない?絶対誰かのお墓だよ。巨石もあるし。もしかしてミタライヒメさん!?

次の2枚は、とても気になる写真です。本殿前の両脇に、何かの石像っぽいものがあります。

近づいてみると、玉石と石像のくみあわせ。風化が激しくて原型が分かりづらいけど、所々にノミで削ったような感じとか、狛犬っぽいような気がしたり。

Google先生にもわからないらしい。でも絶対相当古くて、絶対意味あるものだからね!!誰か知ってる人いたら教えて欲しいです。

ということで「偶然立ち寄った真木倉神社で、我々は古代の未知の彫像を発見したのだった!!」という番組タイトルみたいになってしまいましたが、ふだん行ってる場所でも、いろんな妄想ができたりするので神社、ひそかにオススメです。

カリメロクラブのオリジナル曲はこちらでどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

作曲してます
愛知県一宮市で「君だけの情景を作ろう」をコンセプトに作曲活動しています。作曲などのご依頼を受け付けております。オーケストラ風の曲が得意で、ボイスドラマやYoutubeのBGM、プロモビデオのBGMなどを手掛けています。
アルバムは古事記シリーズを手掛けて、現在6作目を制作中。Webストアも始めましたのでよろしくお願いいたします。