長野県の阿智神社で、超古代の磐座に出会いました

神社シリーズ化してきているかもしれませんが、ここは去年、スキーのついでに立ち寄った神社です。

スキーでは何度も転倒を繰り返し、筋肉痛とも関節痛とも骨折ともわからぬコンディションの中、2日目に(身の安全を考え)家族とは別行動にし阿智神社に向かいました。

この神社は昼神温泉街のはずれにある奥の院と、温泉街の真ん中にある本殿(って言うんでしょうか?)の2つがあって、それなりに距離がありますので、気をつけながら探してみてください。といっても2つの間は一本道なので迷いようがありませんが。。。

阿智神社の場所はこちら

中央自動車道の園原インターを降りて、昼神温泉方面に向かっていくと出てきます。通り過ぎに注意です。

阿智神社 奥の院

インターを降りて最初に出てくるのが、奥の院。

カーブの右手に小さな鳥居があります。鳥居の横にはちいさな駐車スペースがありますので、崖から転落しないように気をつけて駐車しましょう。

鳥居の横には神社の名前を彫った岩と、奥に続く階段があります。その先に、本殿と、そこからまた階段です。

小さいけど、おごそかな本殿

階段の手前には「磐座参道」という立札が。。。

どうみても古墳にしか見えないような小さな丘。その上にさらに鳥居があります。どんだけ結界に守られてるの?って感じです。

そこを登っていくと・・・

磐座です!ここに神様が降り立った場所。

磐座(いわくら)とは?

磐座というのは、神社ができるよりもずっと昔から信仰の中心になっていたモニュメントのことです。時代でいえば、縄文後期とか弥生時代でしょうか?

そして何がきっかけで信仰が始まったんでしょうか?

ここを考えていくと、まあ妄想が突っ走るわけなんですが、その昔、立派な神様みたいなリーダーが、このモニュメントを椅子がわりにして集会をしていたとか、このモニュメントを真ん中に集落が広がっていたとか。。。

というわけで阿智神社の磐座をよく見ると、小高い丘の頂上に位置してるんですね。

小高い丘?と聞いたら「古墳」と答えるのがセオリーなので(自分だけ)、必然的に「誰が祀られているの?」となってしまいます。

実はここ、思兼尊(オモヒカネノミコト)と、そのご子息ウワハルさんという、とんでもない神様の御陵かも知れないと言われています。

オモヒカネさんは、すごく優秀!!

どれだけとんでもないのかと言いますと、、、

オモヒカネさんって、世の中で最初に生まれた3柱の神様のうちのひとり、タカミムスビさんの直系の息子さんなんです。

そんなオモヒカネさんのお仕事は。。。あのワガママ娘「アマテラス」さんの執務室の掃除役。。。ではなくて彼女の最大のブレーンなんです。

(と、古事記に書いてあります)

そして、あの有名な「天の岩戸事件」を解決に導いた最大の功労者であり、またオオクニヌシ君の治める出雲を譲ってもらうために、いろんな作戦を考えたり、天孫降臨に付き合ったり。

ついでに妹が好きすぎてブチ切れてみたり。

そんな神様が、もしかしてこの古墳の主人、いや、この磐座に腰掛けて会議してたとか。

この神社、妄想が追い付かないくらいのポテンシャルがありそうです!

その妄想のままに書いた曲を載せておきます。天岩戸事件を解決するための、極秘の作戦会議の曲です。オモイカネさんゴメンなさい!!

阿智神社 前の宮

奥の院から2キロほど進んだ昼神温泉の中心に、阿智神社の前の宮があります。

こちらは駐車場がないみたいで、どうしましょう?結局近くのコンビニで買い物して、そのまま駐車させてもらいました。

温泉街の中心ですけど、ここはとても静かで空気が違った感じ。

ちょうど気温とか季節の関係で「スターダスト」現象が起きまして、とても不思議な気分でした。

変なものが見えてきたので、最初は「ついに目が死んだか・・・」と焦りましたが。

山道の最奥には、小さいけれどとても神聖な雰囲気の本殿があります。

行事の最中でもないのに、何人もの方がお参りに来てました。なるほど・・・信仰の中心。

最後に神様目線でみたら、こんな感じで見えるのかな?という写真を撮りました。

オモイカネさんに伺ったら「好きにしろ。お賽銭も・・・な」と言われましたので。暗に請求されたような気が。

下の写真は、超貴重な磐座の結界境界ラインからの眺めです。

これが本当の神様目線なのかも!ちょっと震える。

神様に背を向けるのは大変な失礼になるので、オモイカネさんに思いっきり誤って許しをいただきました!!

ここは背を向けずに自撮りモードで・・・

カリメロクラブのオリジナル曲はこちらでどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

作曲してます
愛知県一宮市で「君だけの情景を作ろう」をコンセプトに作曲活動しています。作曲などのご依頼を受け付けております。オーケストラ風の曲が得意で、ボイスドラマやYoutubeのBGM、プロモビデオのBGMなどを手掛けています。
アルバムは古事記シリーズを手掛けて、現在6作目を制作中。Webストアも始めましたのでよろしくお願いいたします。