オーケストラ風のサウンドトラックを中心に作曲しています

古事記 其ノ壱(下)

古事記 其ノ壱(下)

イザナミが黄泉に行ってしまいました。残されたイザナギは、カミサマとして覚醒することができるのでしょうか?一連の物語は、美しい最終形態を迎えることができるのでしょうか?

再会への旅立ち

イザナミが亡くなってからというもの、ずっとずっと涙を流し続けたイザナギ。

枯れることのない涙からは、多くのカミサマ達が生まれています。しかし彼らにどれだけ慰められても、イザナギの気持ちは癒されることはありませんでした。

ある時・・・

「そ、、そうだっ!!こっちから黄泉にイザナミを取り戻しに行けばいいんだ!!黄泉の国の食べ物さえ口にしていなければ、きっと元の暮らしに戻れる!!」

とにかく時間がありません。

急いで身支度をして、魔除けのいろんなものを身につけ、大慌てで黄泉の国に向かうイザナギ。

カミサマだから空を飛んでいけばあっという間!だけど途中から黄泉の国パワーで飛べなくなってきたから、地面を走り続けるというメロス状態で黄泉を目指す!!

とにかく急げ!!

暗がりの道

どうにか黄泉の国の入口らしき場所へたどり着いたイザナギ。何度も何度も大声でイザナミに呼びかけた。

すると・・・

「イ・ザ・ナ・ギ・・・会いに来てくれたんだ・・・」

「あったりめーじゃん!!!今すぐここから帰って、また一緒に暮らそう!!」

「ありがとう、、でも・・」

「ん・・・?」

「もう、共食済んじゃった。。だから帰れないんだ。。。」

「そ、そんな・・・」

思わず絶句するイザナギ。それを見かねて、黄泉の国の神に相談してくると言って立ち去るイザナミ。

ずっと、ずっと長い時間待っているイザナギ。でも一向にイザナミ戻ってくる気配がない。

「こうなったら、こっちからイザナミを迎えに行こう!!」

そうして、真っ暗な洞窟の中を一人歩き始めたのでした。手探りで。

この先どうなる?再会は??

 

まだまだ続きます!(現在鋭意製作中)