古事記 其ノ壱 アルバム紹介

「古事記 其ノ壱」アルバム紹介

[yoko2 responsive]
[cell]

[btn href="https://carimelo.booth.pm/items/627572" class="raised red-bc strong"]BOOTH(CD)[/btn] [btn href="https://carimelo.booth.pm/items/545160" class="raised blue-bc strong"]BOOTH(DL)[/btn]
[/cell]
[cell]

INDEX

1  はじめのはじまり
2  なにもない海
3  はじめての島
4  結びの儀式
5  幸せのひととき
6  はじめてのお別れ
7  再会への旅立ち
8  暗がりの道
9  悲しみの対話
10 この世にたどり着くために
11 桃の実を手に取って
12 妄想の禊
13 禊の川面

[/cell]
[/yoko2]

曲のお話

あの古事記をオーケストラ風のゲーム音楽にしちゃいました!
まずは神様がなんとなく出てくるところから、イザナギ、イザナミのお話まで。

1 はじめのはじまり

遠いむかし、天と地がようやく分かれてきたころに、初めての神様がなんとなくお生まれになりました。でも特にやることもなく、近くに知り合いもいないので、そのままどこかに消えて行きました。

2 なにもない海

イザナギとイザナミは偉い神様から「とりあえず下界に土地でも作ってきて」と言われました。しかしよく見ればそこは「泥の海」でした。どーすりゃいいんだよ・・・と思ったお二人は「Oh my GOD!!」と叫んでみました。

3 はじめての島

お二人は「これってイジメかよ???」とか思いながらも、偉い神様のところに相談に行きました。そして超必殺アイテム「アメノヌボコ」をゲットしたのです!!
「最初からこれくれたらいいのに」とか思いながら、怪しげな呪文を唱えながら泥水をかき混ぜると、すぐに島が出来上がった。全然楽勝!イケるっ!!一般人でもできそうだね!

4 結びの儀式

島もできて、一瞬で天まで届く立派な住居も作ったイザナギとイザナミ。まあこうなったら、とりあえず結婚しようと思い立ちました。どうみてもそういう展開なので。でも・・・神社もなけれな神主様もいないので、どうやたらいいのか謎。適当にやってみたら案の定失敗!
結果、偉い神様に怒られて、やり直す羽目に。。。

5 幸せのひととき

次から次へと島とか神様とか、いろんなものを生み出す二人。幸せな暮らしが続く。「だってまだまだ若いし、そもそも神様って死なないし〜」

6 はじめてのお別れ

ところが火の神を生んだ時のトラブルにより、イザナギの献身的な看護にもかかわらず、イザナミはお亡くなりになりました。「話が違うだろっ!!」神様は死なないという大前提を、あっさりと否定してみせる古事記なのでした。

7 再会への旅立ち

しばらくの間、嘆き悲しんだイザナギは、ふといいことを思いついた。「そうだ、あっちの国に行ってイザナミを連れ戻せばいいじゃん!」
思い立ったら吉日ということで、タイムアウトが迫るなか必死に黄泉の国を目指しました。

8 暗がりの道

慌てすぎてLEDの懐中電灯とかiPhoneとか、いろいろなものを忘れてきてしまったイザナギは、手探りで洞窟内を探索することになりました。

9 悲しみの対話

しかし、、、ようやく探し当てたイザナミは、すでに黄泉の国の食べ物を食べてしまっていたのだった。涙を流し語り合う二人。どうしても連れ戻したいイザナギは必死に説得するのだが、次第に状況が変わり・・・

10 この世にたどり着くために

変わり果てたイザナミの姿を見て、人生最大のリアクションで応じてしまったイザナギ。「じょ、じょーだんじゃねーよ!!」とにかく元の世界へ戻るため、必死でその場から逃げ出したのだった。

11 桃の実を手に取って

逃げても逃げても、いろいろな追っ手がやってくる。「もー腹へった〜」と思ったその時、かたわらに美味しそうな桃の実がたくさんあるではありませんか!「いただきまーす」しようとしたその時・・・天界から偉い神様の声が。。。「なんばしちょる!!はよ逃げんかい、馬鹿者がぁ〜っ!!」
我に返ったイザナギは、その起死回生アイテム「たまたま近くにあった桃」を、食べたいのを我慢して敵に向かって投げつけた!!「まじ!?コイツ最強ウェポン・・・」

12 妄想の禊

「俺ね、そりゃまあ汚れも落としたかったんだけどさ、ほんとは温泉行きたかったの、元カノと。そしたら取り巻きの爺が「そ、それだけはちょっと・・あの、周囲の目もあるので」ってうるさいんだよね。はぁ〜〜〜」いろんな事情があったようです。

13 禊の川面

(ここからは正史)黄泉の国から生還したイザナギ。もうなんかいろいろなものを清算したくなってしまったため、神聖な川で禊をすることに。すると次から次へと神々が生まれてくるではありませんか!?
そして時代は、次のステージへと進んでいくのでした。

投稿日:

Copyright© carimelo club , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.